紫外線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

日焼けのタイプ

同じように紫外線(UV)に当たって、同じように紫外線(UV)対策をしているつもりなのに、すぐに真っ赤になってしまう人もいれば、日焼けしてすぐにはあまり赤くならずにしばらくたつと、急激に真っ黒になるタイプの人もいます。

日焼けの仕方はその人の肌のタイプによって変わります。したがって、紫外線(UV)対策を考える場合も、自分の肌のタイプ、日焼けのパターンをよく理解してそれに合った対策をとることが大切です。

日焼けやのしかたは、人によって次の3タイプに分かれます。

タイプ1・・・日焼け直後にすぐに真っ赤になります。しかし数日すると日焼けのあとはほとんどなくなり、うっすらと残る程度です。

タイプ2・・・日焼けした直後はある程度赤くなりますが、さほど目立ちません。しかし数日すると、褐色がかった感じで黒く色素沈着が置きます。

タイプ3・・・日焼け直後は、赤くなったりすることもなく、ほっとするのですが、数日後、鏡を見てぎょっとする・・・急激に真っ黒になっている! というタイプです。

日本人の場合は、タイプ1が約17~18パーセントを占め、タイプ2が約60~70パーセントにのぼります。一方、タイプ3は約13~14パーセントでさほど多いとはいえませんが、このタイプの方にとって日焼けは重大な悩みの種となります。

黒くなる、つまり色素沈着(サンタン)原因は、紫外線(UV)のなかでもUV-Aのしわざです。一方、浴びた直後に真っ赤になるのは紫外線(UV)のなかのUV-Bの作用によるものです。



スポンサーサイト
紫外線対策 日焼け対策 | 2012-04-03(Tue) 21:31:28 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 紫外線対策~紫外線対策情報、紫外線対策グッズ~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。