紫外線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

光線過敏症

誰でも長時間日光にさらされると、皮膚が赤くなり「紅斑(こうはん)」」ができます。明らかに過剰な紫外線(UV)を浴びた場合には、それが紫外線(UV)による「日焼け」とわかります。しかしなかには、ほかの人ならなんともならないようなわずかな日光の照射で、赤くなる(紅斑)場合が、あります。このような場合は、「光線過敏症」の疑いがありますので、精密検査を受ける必要があります。

光線過敏症の原因はさまざまですが、症状は日光にあたるところにのみ出るのが特徴です。
なかには、紫外線(UV)で傷つけられた細胞のDNAを修復できない先天的な異常で起こる「色素性乾皮症」というまれな病気もあります。さらに原因不明の光線過敏症として「多形日光疹」や「日光蕁麻疹」などがあります。

治療は、原因が取り除ける場合は、原因の薬や化粧品を中止するだけでなおることがあります。これは光線過敏型薬疹や光線過敏型皮膚炎などの場合です。急性期の場合の紅斑に対しては副腎皮質ホルモン軟膏を塗ります。原因が不明の場合には、とにかく紫外線(UV)を防ぐしかありません。日焼け止め(サンスクリーン)を使って徹底的に紫外線(UV)をカットします。ただし、光線過敏症の場合、わずかな量の紫外線(UV)で炎症が悪化したり、症状を誘発しますので、対策としては、低刺激でUV-A、UV-Bをカットする効果のある日焼け止め(サンスクリーン)が必要です。また、直射日光を避けるために、つばの広い帽子や長袖のシャツを着るようにします。



紫外線対策 病気と紫外線 | 2011-05-09(Mon) 22:02:20 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 紫外線対策~紫外線対策情報、紫外線対策グッズ~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。