紫外線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

ビタミンC

紫外線(UV)対策として、その「予防」も大切ですが、それと同じくらい、もし日焼けをしてしまったら場合の後の対策も重要です。日焼けは、やけどと同じですから、とにかくそれ以上、紫外線(UV)にさらされないようにし、ぬれたタオルなどで冷やします。日焼けの治療には、副腎皮質ホルモン軟膏を薄く塗ることも炎症を抑えるのに効果があります。また、ビタミンCを内服することも、色素沈着を防ぐのに効果があるといわれています。

ビタミンCをサプリメントなどで摂取することを日常的に心がけているかたもいらっしゃるでしょう。しかし、栄養はやっぱり食べ物から、というのを基本と考えたいものです。そのうえでどうしても不足を補うために薬剤を用いるようにしてはどうでしょう。

ビタミンCを多く含む食品は、主に野菜で、ブロッコリーやメキャベツ、菜の花、ピーマンが上位を占めます。果物のイチゴや甘柿もビタミンCが豊富です。これらの野菜や果物を意識的に多くとるようにしましょう。
また、ストレスがかかると、人間の身体は、ビタミンCを多く消費するといわれています。ストレスによって、副腎皮質ホルモンの分泌が高まるために、ビタミンCが多く消費されるのです。

ストレスがたまらないように精神的にも肉体的にもゆったりと構え、新鮮な野菜を、さまざまな調理の仕方でおいしく召し上がりたいものです。生野菜だけだとなかなか量をとれません。ブロッコリーは、ゆでたり、蒸したりしてもおいしいですし、シチューなどに入れても抜群です!



紫外線対策 紫外線(UV)対策全般 | 2008-11-15(Sat) 11:52:26 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 紫外線対策~紫外線対策情報、紫外線対策グッズ~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。