紫外線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

アトピー性皮膚炎の場合の紫外線(UV)対策

アトピー性皮膚炎の方のなかには、日光にあたって日焼けをすると、アトピー性皮膚炎の症状がかえってよくなるという方がいらっしゃいます。
昔から、紫外線(UV)には皮膚炎を抑える作用があることが知られてきました。「紫外線(UV)照射療法」として外用療法と併せて用いられる治療法のひとつです。

アトピー性皮膚炎の患者さんが、日焼けをして症状がよくなったというのも、日焼けによって炎症が抑えられ、皮膚の防御機能を高める効果によるものです。
しかし、これは必ずしもすべての人に有効に作用するとは限りません。アトピー性皮膚炎を起こしている人は、それでなくても肌が敏感な状態になっています。皮膚炎を起こしやすい状態であることから、わずかな刺激でも炎症が悪化したり、炎症を誘引することになりがちです。紫外線(UV)が刺激となることも、また日焼け止め(サンスクリーン)が刺激となったりすることも十分に考えられるのです。

日焼けがその個人にとってどのような影響をもたらすかは、個々の患者さんそれぞれによって異なりますし、そのときの体調などにも大きく左右されるでしょう。

紫外線を浴びるときには、専門の皮膚科医師によく相談して、経験などに基づいて慎重に行うべきです。また、日焼けをするにしても、急激に、大量に紫外線(UV)を浴びるのはよくありません。徐々に焼いていく・・・というよりも、日焼け止め(サンスクリーン)を弱いものにし、焼かないようにする効果を弱めていく、といったほうがいいくらいかもしれません。



紫外線対策 病気と紫外線 | 2011-12-06(Tue) 21:46:19 | トラックバック(-) | コメント(-)

Copyright © 紫外線対策~紫外線対策情報、紫外線対策グッズ~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by とほほニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。